☆ お知らせ ☆

ご入園、ご入学おめでとうございます!!

 

さくらんぼ会の子どもたちも、新たなスタートをきっています。

今年度も、それぞれの目標に向かって取り組んでいきます!

 

 

随時、体験や見学をお待ちしていますので、お気軽にご連絡ください。

 

【見学・体験者随時受付中!!】

~ 未来に向けて ~

7.社会性を育てる

 人とのやりとりがうまくできにくい子どもたちですが、さまざまな経験をさせ、社会性を学ばせてきました。

 あいさつをきちんとする。返事をする。自分からものごとに取り組む。指示に従うなど。

 あたりまえに地域社会で生活できるように願って、子育てをしてきました。

 街を歩く、バスや電車を利用する、レストランに入るなど、街の中で地道な指導が大いに役に立つと考えています。

 

8.ことばを育てる (やりとりのできる子どもに)

 「ことばさえ出れば、もっといろいろなことがわかるのでは・・・」と親は思い、多くの子どもが、ことばが出ないために苦労もしてきました。

 ことばの問題は、子どもたちにとって大切なことです。

 「ことばを育てたい」という親に、「まず生活リズムと運動を」とアドバイスすると、意外に思われます。

でも、ことばが出る前に育てておかなければならないことは多く、さまざまな力が育って、ことばの力もついていくことを知りました。

 ことばは少なく無口だけど、人からの働きかけに素直にこたえ、しっかり働き、愉快に生活している青年たちと接していると、話せることがすべてではないとも思います。

 話しことばだけでなく、確かなやりとり(コミュニケーション)ができることが大切です。確かな生活をすすめる中で、ことばもまた育っていくのだと、多くの子どもたちが教えてくれました。

 

9.将来について (みんなで助け合いながら将来を)

 地域で生活し働くことは、わたしたちにとってあたりまえのことです。ハンディがあっても、自分の力を精一杯つかって、生活し働き、いきいきと生きてほしいというのが、わたしたちの願いです。

 そのために、地域の人々の応援を頼みながら、子どもたちをしっかり育て、力をよせあって、将来につなげていきたいと思います。